ウード


沈香・伽羅

神の木、ウード(沈香)

 

樹脂性の香木として、沈香は自然界で最も貴重で高価な原材料のひとつです。

 

釈迦が沈香をニルヴァーナ(涅槃)の香と表現したように、私たちは沈香の持つ歴史と香りに魅了されてきました。

RYOKOでは、この神聖な香木を楽しむための3つの方法をご提案します。

IMG_2961 copy.jpg

香木を焚く

 

沈香は古代から世界中で文化的および宗教的な重要性を持ち、高く評価されてきました。

日本では、精神性の象徴として香道でも使われています。また、我々仏教徒にとっても欠かすことのできない素材です。

frankincense3-1000.jpg

炭をおこし、沈香の香りを聞いてみてください。

自身の内面を磨き、己の精神状態を理解するために我々の先祖が平安時代以降行なっていた方法です。

 

モダンな現代空間にも合う、日本人陶芸家 Cuze によるミニマムでエレガントな香炉をご用意しております。
 

>> 炊き方

IMG_4022.jpg
IMG_9704.jpg
IMG_9740 copy.jpg
IMG_9854 copy.jpg

お香として

 

沈香をシンプルに楽しむ方法は、お香を焚くことです。合成香料を一切使用せず、100%天然成分で作られたお香を厳選しました。

洗練された繊細な香りが、純粋な喜びをもたらすでしょう。

IMG_8350 copy 2.jpg