メーカーとアーティスト

-アルファベット順 

ジュエレリーメーカー

mariko.jpg

土山真理子

 

 

マリコは、有機的な美的輪郭と最小限の繊細なフォルムとデザインをブレンドしています。

 

種子、ナッツ、貝殻、茎、女性の素肌など、自然の純粋な感覚と質感に触発され、18カラットの金の細いワイヤーを茎に、真珠をナッツに使用することで、真珠の美しさを高めています。そうすることで、彼女は真珠を自然な虹色の色調でそのままにしておくことで、詩的な空間とささやきを同時に作ります。自然は層を作り、彼女は彼女のデザインの内面の美しさを明らかにします。

 

彼女は日本の長崎で生まれ育ちました。現在、イギリスのブライトンの海の隣に拠点を置く彼女のスタジオは、創造性とインスピレーションを呼び起こし、美しいコレクションを作り続けています。

彼女の作品を見る>

ジュエレリーメーカー

mariko.jpg

土山真理子

 

 

マリコは、有機的な美的輪郭と最小限の繊細なフォルムとデザインをブレンドしています。

 

種子、ナッツ、貝殻、茎、女性の素肌など、自然の純粋な感覚と質感に触発され、18カラットの金の細いワイヤーを茎に、真珠をナッツに使用することで、真珠の美しさを高めています。そうすることで、彼女は真珠を自然な虹色の色調でそのままにしておくことで、詩的な空間とささやきを同時に作ります。自然は層を作り、彼女は彼女のデザインの内面の美しさを明らかにします。

 

彼女は日本の長崎で生まれ育ちました。現在、イギリスのブライトンの海の隣に拠点を置く彼女のスタジオは、創造性とインスピレーションを呼び起こし、美しいコレクションを作り続けています。

ジュエレリーメーカー

mariko.jpg

土山真理子

 

 

マリコは、有機的な美的輪郭と最小限の繊細なフォルムとデザインをブレンドしています。

 

種子、ナッツ、貝殻、茎、女性の素肌など、自然の純粋な感覚と質感に触発され、18カラットの金の細いワイヤーを茎に、真珠をナッツに使用することで、真珠の美しさを高めています。そうすることで、彼女は真珠を自然な虹色の色調でそのままにしておくことで、詩的な空間とささやきを同時に作ります。自然は層を作り、彼女は彼女のデザインの内面の美しさを明らかにします。

 

彼女は日本の長崎で生まれ育ちました。現在、イギリスのブライトンの海の隣に拠点を置く彼女のスタジオは、創造性とインスピレーションを呼び起こし、美しいコレクションを作り続けています。