Per-fumum

Indirect Incense

 

インセンスの愉しみ方

空薫

 

 

灰と炭を使ってお香をたく昔ながらの方法です。

日本では平安時代以来、部屋や衣服に香りを焚きしめるときにこの方法が用いられていました。

樹脂や香木、印香や練香などをたくのに適しています。

 

【道具】
灰、炭、ピンセット

​たき方

1. 香炉に灰を入れます。

 

2. 蝋燭を灯します。

 

3. ピンセットで炭を持ち、蝋燭で炭の四隅を赤くなるまで燃やします。炭を灰山の上に置きます。

4. 炭の上、またはすぐ横に少量のお香をのせます。少し経つと煙と共に香りがしてきます。

聞香

 

 

沈香を聞く際にこの方法が用いられます。

 

沈香を「焚く」のではなく、低温でじっくりと「温める」という具合に時間をかけて行います。沈香の本来の香りがゆっくりと放たれ、また、使用した沈香は数回繰り返して楽しめます。

 

【道具】

灰、炭、香炉、銀葉鋏、銀葉、火箸、灰押

たき方

3. 火箸で灰に空気を入れつつかき混ぜて、熱くなった炭を灰の中心に置きます。

5. 灰山の頂上に火箸を垂直に当て、炭まで届くように穴を開けます。

 

6. 銀葉挟を用い、銀葉を灰山の頂上(5で穴を開けた位置)におきます。

 

7. 銀葉の真ん中に少量の香木をのせます。

 

ほのかな香りを放ち始めます。

1. 香炉に灰を入れます。

 

2. 蝋燭を灯します。

 

3. ピンセットで炭を持ち、蝋燭で炭の四隅を赤くなるまで燃やします。

4. 灰押を使用し、香炉を時計回りに回しつつ灰を中央に集め、炭を灰で覆うように灰の山を作ります。

【香りの聞き方】

 

1. 左手で香炉を持ちます。

 

2. 右手は親指と親指以外の指で円をつくり、香炉の上部を覆うように置きます。

 

3. 右手でつくった円に顔を近づけます。

 

4. 鼻から深く息を吸い込み香りを聞きます。